今、俺的に熱いカーナビ Clarion NX613

実家にいた頃は車があったのだが、今は実家から離れて暮らしており車が無い。

そろそろ車を持とうと思っていて、実家にあるMRワゴンを貰う手筈が整っている。

MRワゴンジアラバージョン(Goo-netによるスペック情報)

本当はMTで2WDがよかったのだが、親がただでくれるというので甘んじることにしたw

プロペラシャフトとセンターデフを外せば2WDになって結構軽くなりそうなので、年末に実家に帰ったら改造しようと思う。

自分は「ドライブは地図を見て迷いながら道を覚えるのが楽しい」と思っている人なので、ナビについてはあまり必要ではない。にもかかわらず、なぜカーナビの話をするのか。

車といえば、カーステレオに少々こだわりがある。こだわるといっても、高いアンプやスピーカーをつけるというわけではなくて、最低限、外部入力を備えた本体と純正よりは少しいいスピーカーをつけたいという程度だが。

学生の頃は金が無かったので、KENWOODの一番安い外部入力付きCDプレーヤーをつけて、主にmp3をCDに焼いて聞いていた。

今はその時よりは金があるので、動画再生も視野に入れたい。しかし、H.264でエンコードしたmp4を再生できるという条件で探すと、その種類は驚くほど少ない。いろいろ調べてようやく見つけたのが、ClarionのNX 403だ。安い店では4万円ほどで売られており、ナビ、地上デジタルフルセグチューナー、DVD再生、USBメモリに保存した音楽や動画ファイルの再生機能などがついている。この機能で4万円ならかなり手ごろな部類だろう。そして肝心のH.264のmp4も再生できる。何ヶ月か前にネットで見つけて、しばらくの間は今度乗る車にはこれをつけようと思っていたのだが、カーショップで実物を見て気持ちが変わった。

NX403の隣にNX613が並んでおり、上位機種であるので当然NX403にある機能はほぼ備えているのだが、画面が大きくなった影響からかフロントAUXが省略されているのが唯一の悩みだ。その代わり背面にオプションのビデオ接続コード(当然音声も)を接続できるとのことなので、一応フロントAUXの代替手段に出来そうだ。

自分的にそれを補って余りある機能が、ダウンロードボイスだ。店頭の商品には人気声優の声で案内してもらえる!などとPOPが貼ってあったが、Clarionのサイトを見てもリンクが少々分かりづらい印象を受けた。店で下見しなかったらこのままNX403を買ってしまった恐れがあるw

阿澄佳奈や加藤英美里、福原香織など、自分的には結構好きな声優が揃っているので熱い。

後、NX613はETC車載器と連動する機能があり、画面に料金が表示されたり、ETC履歴を表示させたりすることが出来るようだ。そこでClarionのアクセサリのページを見ていたら、ETC車載器のような形をしたDSRCユニットDSC012というものを見つけた。

DSRCというのがなんなのかよく分からなかったので店に行った時に聞いてみたら、VICSに代わるような技術のようだ。これからはDSRCが主流になっていくらしい。自分も人に説明できるほどは理解していないので、詳細はリンクを参照して欲しい。

今、走行経路確認社会実験モニターという助成金制度が展開されており、一定の条件を満たしてDSRC車載ユニットを買うと2万円貰えるようだ。2万円貰えるなら、少々高くてもDSRCユニットを買ってみるのも面白いかもという気になった。

近い将来、音楽を再生しながら声優にナビしてもらえるドライブを想像するだけで胸が膨らむ。

しかし、NX613とDSC012だけで助成金を貰えたとしても10万円ほどの出費になってしまうのが悩みでもある。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です