Home > 未分類 > CBR1100XXスーパーブラックバードを買ってしまった

CBR1100XXスーパーブラックバードを買ってしまった

昨年9月に愛知県運転免許試験場において一発試験で大型自動二輪免許を取得し、次に乗るバイクは何にしようか考えていた。

始めは父親がCB750FourとW1という、今だと整備済みのまともなものは100万円は下らないという伝説級のクラシックバイクを2台も所持していて、前に「大型バイク2台も持ってても仕方無いしどっちか売ろうかなー」とか言っていたのでどちらかを譲ってもらおうかと考えていた。

しかし、いざ相談してみると、「クラシックバイクはたまの休日にふらっと遠出して注目を集めて所有欲を満たすもので、通勤で乗るべきものではない」「すぐ錆びるので出来ればガレージに保管して、ワックスは切らさない事」と言われてしまった。

通勤で乗るつもりで、今はガレージを所有する事も不可能な状況なので、父親のバイクを譲ってもらうのは諦めた。

代わりにお勧めを聞いてみたところ、CBR1100XXスーパーブラックバードかINAZUMA 1200はどうかと言われた。曰く、出た当時は流行ったが、今は中古市場で不人気車種で弾数がいっぱいあって安いらしい。

本当ならCRF1100LアフリカツインとかVストローム1000XTとかVERSYS1000SEとかに興味があったのだが、これらは新車だとどれも150万円以上するし、中古でもどんなに安くても100万円以上する。親にもバイクにばかりに金かけてないで、今後の為に貯金しておいた方が良いと諭されてしまったので、勧められた二車種のうちから選ぶことにした。

調べていくうちにCBR1100XXは出た当時はホンダのフラッグシップ車で、雑誌の企画で300km/h出した事もあるという凄いバイクで、中にはヤフオク!で20万円を切る出品もあるなど、手を出しやすいという事が分かった。20万円前後で300km/h出るバイクが買えるって凄くないか!?とすっかり虜になってしまい、結局ヤフオク!で25万円で落札してしまった。

CBR1100XX

97年式で色は赤、エンジン好調、吹け上がり良好、オイル漏れ、水漏れ等なし。落札したのは2019年12月だが、2020年5月まで車検あり。難点はカウルに小傷とクラック、フロントフォークからオイルが若干滲んでいると言う事だった。

そのくらいの欠点は20年以上前のバイクで25万円と言う価格を考えれば仕方無い。というか、冷静に考えると製造から20年以上経っているって、クラシックバイクの域に片足を突っ込んでいる気がしてきた。ただ、CB750FourやW1みたいに錆びやすくて仕方無いと言うことはないだろう。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://nomaddo.com/blog/wp-trackback.php?p=458
Listed below are links to weblogs that reference
CBR1100XXスーパーブラックバードを買ってしまった from Tales of Black-Mant 2

Home > 未分類 > CBR1100XXスーパーブラックバードを買ってしまった

検索
フィード
メタ情報

Return to page top